甲賀忍者はちゃんといた。忍者に興味をもつ方は必読



『甲賀忍者の真実』(サンライズ出版) 著者:渡辺 俊経

◆子孫の意地、大量史料で実在を証明
本書は著者がすごい。忍者本は山ほどあるが、こんな本はない。ほんとうに曽祖父が忍者で、それをつゆ知らずに育ったひ孫が書いた本だからである。私は全国の忍びの古文書を探す過程で、十年ほど前、著者の渡辺俊経(としのぶ)さんに初めて会った。甲賀の杉谷地区の築数百年の屋敷に座るその人は知的で上品な印象であった。京大工学部を出て、大手化学会社に勤めていたという。忍者の子孫は薬品関係が多い。薬剤師・医者・化学会社、やっぱりと思った。

「ここへ来た研究者は磯田先生が二人目です。服部勲(故人、甲賀地域史)という方がこの杉谷に来て私に道を尋ねました。近年、鬼頭勝之という名古屋の研究者が五人組の尾張藩の甲賀忍者の論文を書き、そのなかの一人が渡辺善右衛門。その子孫の家はどちらですかと。私はポカンとして、答えました。善右衛門は私です。世が世なら、私が善右衛門……」。そして、渡辺さんが屋敷の中を探すと、出てくるわ出てくるわ忍者の古文書が。なんと百五十点。忍術書もあった。退職後、渡辺さんは、甲南忍術研究会の会長となり、家蔵の古文書をもとに広く甲賀忍者の研究をはじめた。それから二十年、書かれたのが本書である。

書かれたのには、忍者の子孫の「憤慨」があったようである。まえがき、にある。「大方の学者先生は古文書や先人の文献とやらを駆使してもっともらしい説明をなさるが、実は現地の実情が全く分かってない空論であることが多い」。自分のことか、と思い、ドキリとしたが、「磯田道史氏のような例外を除くと」と、書いてくれていて、ホッとした。