« 『日蓮正宗』 | トップページ | 『創価信者の持たれているイメージとは?』 »

2017年4月24日 (月)

『カルト創価学会と共産党』

創価学会と共産党
 同じ「客層」あるいは「支持層」を持った、「同じ時期」に勃興した組織だからです。
 もともと創価学会(公明党)や共産党は、昭和30年代から40年代に躍進し、それぞれ単独で政権をとるつもりでいたのです。で、どんな支持層かというと、貧乏人の多い下町と郊外の住宅地、特に昭和30年代から40年代に造成された団地に地方から出てきた人たちが住み着いて入信or入党する人が多かったのです。共産、公明の議員が都市部に多いのはこのためです。勧誘活動も盛んで、同じ客層をねらって勧誘していました。対立するのも当然の成り行きでしょう。
 他に、基本的なこととして共産主義は基本的に無神論なので、宗教団体とは相容れないというのもあります。公明党発足直後に共産党は公明党は政教分離に反していると追求したことがあって、その辺も対立の一員です。


創価学会と日蓮正宗
 創価学会自体はもともと日蓮正宗系の団体でしたが、池田大作が会長になってから経典を逸脱し、個人崇拝や教義の逸脱があって最終的に破門されました。創価学会のトップになっても、日蓮正宗の主流にはなれず破門されてしまったというこになります。破門された創価学会が日蓮正宗をよく言うわけがありません。
 日蓮宗系(法華宗系)は分派や新興宗教系が多いのが特徴です。日蓮宗、日蓮正宗、日蓮本宗、法華宗○○・・、新興宗教系では創価学会外にも、立正佼成会、霊友会なども含まれます。
 一般に宗教団体は離合集散が激しく近親憎悪も手伝って対立することが多いようです。

キチガイ創価宗教団体と仲良くやれと言われても、そりゃ太っ腹な
共産党さんでも無理なんじゃないでしょうか。創価学会(公明党)と共産党を比較すること自体が間違っている。ある意味、共産党が(´・ω・)カワイソス。

 私は共産党の議員さんを知っていますが、彼の口から学会の悪口は殆んど聞きません。その反対に親戚の学会員は会う度にいつの間にか、共産党批判を始めます。殆んど言いがかりに近い悪口ばかりなので、聞いていて嫌になってしまいます。

 洗脳の一環として共産党の批判をしているのは間違いないでしょ
う。カルト宗教ですからね・・・

« 『日蓮正宗』 | トップページ | 『創価信者の持たれているイメージとは?』 »

フォト
無料ブログはココログ