2018年1月24日 (水)

『カン違い幹部たちが学会を滅ぼす?』

今、創価学会の会員数がかなりの減少、つまり「大量脱会者」がとまらない .
創価学会員「恫喝、ハレンチ…カン違い幹部たちが学会を滅ぼす?」
実は創価学会員数は大きく減っているらしい
『大増税の前にやるべきことがある!4兆円の財源が飛び出す「宗教法人」に課税せよ!』会館は1200ヶ所で、固定資産税ゼロという「創価学会」総資産10兆円!

『ジェネリックは要注意』

ランゴワンの地図  さんからお借りしました。


ジェネリック薬、安価で危険な中国・韓国製が大量流通 

 ジェネリック(後発薬)とは、特許が切れた薬(先発薬)のコピー商品のことで、特色は価格が安いことです。

 製薬会社は、薬をひとつ開発するのに10~20年以上の歳月と、数百億円の資金をかけます。抗がん剤では1000億円を超すケースも珍しくありません。それほど薬の開発には莫大な費用と時間が必要なのです。薬の値段が高いのも、開発費として注ぎ込んだ膨大な費用を回収しないといけないからです。

 その半面、開発が済めば薬の製造コストは微々たるものです。薬の大半は石油の副産物ですから、原材料にかかるコストはわずかなのです。昔から暴利を貪ることを「薬九層倍」といい、薬は原価の9倍で売ると揶揄されてきましたが、実際の原価はもっと低いようです。

 某大手製薬会社の研究所で所長を務めた方から直に聞いた話では、その会社ではどんな薬でも原価率を1%以内に収めることが至上命令だそうです。ほかの会社も、おそらくそうだろうということでした。

 このように、薬という商品はソフトの部分に膨大な費用がかかる一方、ハードの部分は少しの費用で済むのです。この辺の事情は欧米も同じです。たとえば、欧米ではジェネリックが先発薬の5~15%程度の安値で販売されていますが、開発費がほとんどかからず、製造原価も1%程度なので、激安価格で販売しても十分利益が出るのです。

 ひと昔前、日本ではジェネリックを「ゾロ薬」と呼んでいました。「怪傑ゾロ」のようにカッコいい薬という意味ではありません。先発薬の特許切れを待って、雨後の筍のごとくゾロゾロ出てくるからです。

 これは欧米も同じで、ゾロゾロ出てくるジェネリックは瞬く間にシェアを伸ばし、今では医薬品数量の60%以上を占めるようになりました。

 しかし、日本ではシェア20%前後の状態が長く続きました。多くのジェネリック薬は価格が先発薬より3割くらいしか安くならず、自己負担額が月に1000円くらいしか違わないのであれば、使い慣れた先発薬をそのまま続けるほうが安心と考える人が多かったからです。

 世界的に見ると、ジェネリックは「先発薬の1割程度の価格」が一般的ですが、日本ではその常識が通用せず、高い価格が続いたのです。 

●質の低いジェネリックも多数

 しかし、ここにきて状況は一変しました。とどまるところを知らない医療費の膨張に歯止めをかけるため、政府は2018年3月までにジェネリックのシェアを欧米並みの60%に引き上げることを目標に掲げ、施策を次々に打ち出すようになったのです。

 先発薬の5割くらいの価格水準に引き下げられただけでなく、薬局に対しては、ジェネリックを出す割合が高いほど報酬が加算される仕組みが導入されました。同様に医師に対しても、薬を処方する際には先発薬指定でなく、薬局でジェネリックも選択できる書き方にすると診療報酬が加算されるようになりました。

これにより患者側は、医師や薬剤師からジェネリックを勧められるケースが増えたのです。日本では5~10剤併用も珍しいことではないので、毎月の薬局窓口での支払いが2000~3000円減ったと喜んでいる方が多くいます。

 その一方で、ジェネリックを処方された方から、「効き目が一気に出てすぐ終わる」「効き始めるのが遅すぎる」「発疹が出たので元の薬に戻したい」といった不満もあちこちで聞かれるようになりました。

 先発薬をコピーした商品なのに、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。最大の要因は、コピー商品といっても主成分が同じなだけで、それ以外の技術はメーカーによってかなりばらつきがあるからです。

 ジェネリック薬品でも、優秀なメーカーは独自に工夫をするので、先発薬よりも評判のいいケースもたくさんあります。その一方で、品質を維持する技術などが低いところが多くあり、それが早く効きすぎる薬や、効かない薬が頻出する元凶になっているのです。

●中国、韓国から輸入したジェネリックは要注意

 効かないジェネリック、副作用が出るジェネリックが生まれるもうひとつの要因は、安全性や品質管理に問題のある外国製の安いジェネリックを日本の会社が輸入し、自社のパッケージに詰めて販売しているケースが多いことにあります。

 このような、「外見は日本製、中身は外国製」といった薬は、日本で流通しているジェネリックの約5割を占めるともいわれています。主要な輸入先は、購入金額ベースでみると韓国がトップで全体の31.0%を占めています。次いで中国が12.3%ですが、スペイン9.9%、イタリア8.9%、ハンガリー8.4%など、欧州からの調達も多いようです。

 成分数ベースでみるとシェアが最も高いのはイタリアで、全体の22.5%です。以下、韓国15.7%、中国14.0%、インド10.2%と続きます。

 韓国は中小企業の技術力が低いうえ、安全面への配慮が十分にできない傾向があります。12年には二度、日本に向けて輸出した原薬が製造品質管理基準に適合しないことが判明し、厚生労働省から各メーカーに改善命令が出たため、高血圧治療薬アテレック(一般名:シルニジピン)のジェネリック、抗精神病薬リスパダール(一般名:リスペリドン)のジェネリックなどが一定期間販売停止に追い込まれています。

 中国に関しては、食の危険性だけに目が行きがちですが、14年9月に医療関連の死者が年間40万人いるということが京華日報で報じられ、日本でも話題になりました。しかも大半は医薬品の服用ミスが原因だと報じられています。

 日本でも、ひと昔前は医師や薬剤師の指示通りに飲まない患者が大勢いましたが、何百何千という単位で服用ミスによる死者が出たという話は聞いたことがありません。

 下水道からくみ取った油を原料に製造した抗生物質が日本に輸出されていたと報じられたこともあるように、中国は安全性に関して無法地帯のような状態です。そのため、本当は薬の安全性に問題があるのに、原因を「患者の無知」にすり替えているような気がしてなりません。

●安全な薬の選び方

 一昨年、日本ではジェネリックのシェアが50%を超え、今後も増加が見込まれています。筆者もジェネリックを全否定する気は毛頭ありません。患者さんの声や、データとして効果が先発薬と同レベル、あるいはそれ以上と評価されているものは積極的に活用すべきです。

 ジェネックの使用を躊躇している方の多くは、インターネットで調べても、どのジェネリックが良くてどれが悪いかなどの情報が掴みにくいために踏み切れないようです。

 このような場合は、ジェネリックに詳しい薬剤師に相談するのが一番です。調剤薬局では、ジェネリックの比率を上げることで調剤報酬の加算もありますので、ジェネリックについての情報を蓄積したり仲間同士で情報交換したりして、“ジェネリックのソムリエ”と呼べるほどの能力を持っている薬剤師もいます。

 日本は今、コンビニエンスストアよりも薬局のほうが店舗数の多い時代ですから、自分に有益な情報を提供してくれる薬剤師を是非見つけてください。薬の専門家である薬剤師をしっかり活用して、有効で安全な薬選びをしてください。

ジェネリックは偽薬です。何故かその多くが中韓で作られています。後発だかの偽薬は効きません。数年、数十年多額の費用と時間をかけて開発された薬が成分が似ているからといって効くわけがなく簡単に出来るわけもありません。。多少高くても先発品を薬局で確かめて違ったら医師にその旨伝えすぐ正規品の薬に変えましょう。ドリンク1本で○✖製薬ってのも某会系か?患者、お年寄りの命のが大事だろ。

『施政方針演説 中国の脅威に言及足りぬ』

施政方針演説 中国の脅威に言及足りぬ

主張
2018.1.23 05:03
第196通常国会が召集され、衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=22日午後、国会(斎藤良雄撮影)

第196通常国会が召集され、衆院本会議で施政方針演説する安倍晋三首相=22日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 わが国が抱える難問を率直に語り、答えを提示する。それがリーダーの責務である。安全保障上の課題でも同様だ。

 安倍晋三首相は施政方針演説で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を「重大かつ差し迫った脅威」と指摘し、その計画を放棄させ、拉致問題を解決すると強調した。

 それは妥当だとしても、安全保障環境を悪化させる元凶は北朝鮮だけではない。その点を素通りしているのは物足りない。

 尖閣諸島を狙い、南シナ海で軍事施設を拡張する「強国路線」の中国とどう向き合うか。肝心なところが分からないではないか。

 北朝鮮危機は、昨年の衆院選で首相が国難の一つに取り上げた。外交努力と、強固な日米同盟に基づいて「国民の命と平和な暮らし」を守り抜くと約束したのは当然だろう。

 安保政策の根幹は「自らが行う努力」とし、従来の延長線上ではない防衛力整備も約束した。

 一方、中国については日中平和友好条約締結40周年の今年、あらゆるレベルで交流を飛躍的に強化し、日中関係を「新たな段階」へ押し上げていくとした。

 昨年、打ち出した法の支配や航行の自由を礎とするインド太平洋戦略も取り上げた。これに沿って中国と協力し、アジアのインフラ整備の需要に応えるという。

 そのことが「安定的に友好関係を発展」させるというのは、習近平政権が重視する経済圏構想「一帯一路」への協力を意味するものだろう。

 だが、今の中国と法の支配や航行の自由、民主主義などの価値を共有するのは困難だ。それなのに、インド太平洋戦略に基づいて協力するとは甚だ疑問である。

 対中債務に苦しむスリランカは、中国の援助で建設した港の管理を99年間、中国の国営企業に譲渡した。「一帯一路」とは、中国に都合のよい経済、国際秩序をつくる手段の色彩が濃い。

 権益を守るため、海軍を中心とする中国軍の活動がインド太平洋地域で広がっている。権益の伸長と軍事プレゼンスの増大は表裏一体である。「一帯一路」への安易な協力は、中国の覇権に手を貸すことにならないか。

 中国の覇権主義にどう対処するか。関係改善の流れに水を差すまいとして、厳しい現実を国民に語れないような戦略では危うい。

http://www.sankei.com/column/news/180123/clm1801230002-n1.html

『文化財防火運動前に西本願寺で消防訓練 国宝・唐門周辺での出火想定』

文化財防火運動前に西本願寺で消防訓練 国宝・唐門周辺での出火想定

2018.1.23 15:58
消防訓練で国宝・唐門に向けて放水する下京消防署員=京都市下京区

消防訓練で国宝・唐門に向けて放水する下京消防署員=京都市下京区

 平成30年の文化財防火運動(23~29日)に先立ち、浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)が22日、下京消防署と合同消防訓練を実施した。

 境内南側の大玄関門と、6月に修復工事を控える国宝・唐門周辺に不審物が投げ込まれて出火したと想定。火災現場を発見した龍谷大大学院生3人が通報し、本願寺の自衛消防隊員らと一緒に消化器での初期消火活動を行った。

 また、隊員らは隣接する本願寺中央幼稚園の園児ら約30人を避難誘導。その後、署員が到着し、大玄関門周辺に備え付けられた放水銃や消防ポンプ車で一斉放水した。

 同派の石上智康総長は「本願寺をお預かりする身として、これからも職員一同、防火に対する意識の高揚や消防技術の習得を重ね、なお一層気を引き締めて参りたい」と話した。

http://www.sankei.com/west/news/180123/wst1801230075-n1.html

2018年1月23日 (火)

『ノーベル平和賞』**ICANとSGIがつながっていた!

ノーベル平和賞

ICANとSGIがつながっていることを公表した佐藤優

受賞者の発表が10月9日に行われる。

関連タグ:

National Dialogue Quartet in Tunisiaが受賞

ことしのノーベル平和賞にはNational Dialogue Quartet in Tunisiaが選ばれた。海外メディアで有力な候補者として報じられていたドイツのメルケル首相やローマ法王のほかに、日本では「九条の会」、創価学会の池田大作名誉会長、長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄会長や被爆体験を海外で証言する活動を行っているサーロー節子氏の受賞はならなかった。

 きょう1月22日発売の週刊プレーボーイ最新号(2月5日号)で、佐藤優氏が貴重な情報を暴露した。

 いよ堂々と公表したといったほうがいいかもしれない。

 それはICANとSGIはつながっているという驚くべき情報だ。

 ICANとは、もちろん、昨年ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーンという組織のことだ。

 そしてSGIとは、創価学会の国際活動組織である創価学会インターナショナルの事だ。

 実はICANとSGIは協力関係にあるんです、と。

 だから創価学会幹部もICANがノーベル平和賞を受賞した時、オスロに行っていたんです、と。

 今回のノーベル平和賞の半分は、創価学会が受賞したみたいなものです、とまで語っている。

 そう言った後で、佐藤優氏は次のように、今年は「核廃絶」と「対話と妥協」が重要なキーワードになる年になる、と予言している。

 すなわち、トランプが、ロシア疑惑から目をそらせるためにイスラエルの首都をエルサレムに移転する宣言をした事を、「歯が痛い時に足の親指が切れるくらいのケガをしたら、歯の痛みなんか忘れる」という比喩に例えて解説し、しかし、トランプが思ったよりパレスチナの反発が大変なことになったため、トランプは中東の混乱で北朝鮮どころではなくなり、アメリカは北朝鮮と手を打つしかない、という持論をあらためて繰り返してる。

 そして、そうなれば日本もそれに従わざるを得なくなり、北朝鮮の核の凍結によって、やがて日本でも「核廃絶」の動きが強まるだろう、と語っているのだ。

 この佐藤優氏の予言が正しいかどうかは、私にはわからない。

 しかし、米国が北朝鮮問題と中東問題の二正面作戦を戦う事は出来ず、中東問題を優先せざるを得ない、というのは、彼が繰り返してメディアで語っているモサド情報であり、今度のプレーボーイで暴露したICANとSGIの緊密な関係は、いまや創価学会の広告塔となった佐藤優ならではの創価学会情報である。

 そして、モサド情報は確かだ。

 しかし、創価学会情報は多分に宣伝的なところがあるような気がする。

 もし、彼の語る通り、今年が核廃絶と妥協の年になるのであれば、それは喜ぶべき事だ。

 そして、公明党が安倍首相をその方向に導くことに奏功すれば、公明党は野党の出来なかった事を安倍首相にさせることになる。

 しかし、それならなぜ公明党はICANの事務局長が日本に来た時、安倍首相に会わせることができなかったのだろう。

 はたして、公明党は安倍首相を正しい方向に導き、憲法9条改憲までも踏みとどまらせる事ができるのか。

 今年最大の政治テーマである(了)

『公明・山口那津男代表、憲法審査会「白紙で望む」』

公明・山口那津男代表、憲法審査会「白紙で望む」

2018.1.22 19:09
公明党の山口那津男代表=5日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

公明党の山口那津男代表=5日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 公明党の山口那津男代表は22日、安倍晋三首相が同日の施政方針演説で、各党に憲法審査会に憲法改正に向けた具体案を提示するよう要請したことについて「白紙で臨む。憲法審査会の議論がどうなるかをよく見て対応を考えたい」と述べた。同時に「われわれは(現時点で)議論の結論を持っていない。われわれの考え方に基づいて検討していく」と語り、自民党のペースで改憲論議が進むことを牽制(けんせい)した。

 安倍首相が憲法審査会での議論進展に「期待する」と呼びかけたことに対しては、「首相としての立場ではなく、自民党総裁として言及したものだ。あくまで期待は期待で、政府の取り組むべき課題ではないということははっきりしている」とも語った。

 公明党は今月下旬にも党憲法調査会での議論を再開する方針だ。ただ、党内には来年の統一地方選や参院選を見据えて改憲に慎重な意見も多く、意見集約に向けたハードルは高そうだ。

http://www.sankei.com/politics/news/180122/plt1801220044-n1.html

創価学会は崩壊寸前?池田大作ボロボロ!!!
宗教と政治は無理~~創価学会、内部告発!!池田大作の現状を激白!!なぜ創価学会は隠し続けるのか!何故隠す、都合が悪い??池田犬作党は政教分離違反ですね~~~そろそろ「創価学会の政治支配」を終わりにさせる時です!

一々うるせーな。テメエの言う事ばかり聞いて居られねー!

鬱陶しくて不愉快だ!

連立与党…いや政界からトットと出て行け!

2018年1月22日 (月)

『観音菩薩滅業障真言不運不幸を繰り返し齎すカルマを切りましょう』

<転載>バビル二世 氏のブログより

アン・ヲルレ・キイ・ソボホ。苦しくても自殺は~しないで下さい。苦しいなら観音菩薩様に向かいこのマントラを繰り返し唱えて下さい。必ず、苦しいカルマが消えて行きます。ただ唱えるだけではなく、己より不幸な者や弱い生き物を助けて下さい。他を助けない者が、カルマが切れる訳がないのですよ。苦しいから余計に他の苦しみを理解出来るのです。幸福過ぎている者が、不幸の苦しみを理解出来ますか?理解出来る訳がない。拝むだけでは、悪因縁は~切れません。苦しいなら陰徳を積むしかないのです。霊障が妨害しようとも、陰徳を貯めた者が必ず勝利を収めます。 地蔵菩薩滅定業真言いわゆる宿業です。例えば、あと五年で死ぬとか!一生懸命努力しても、貧乏から解放されない。難病奇病に苦しむとか~様々な不運不幸が消えない。逆に幸福過ぎて、神仏に手を合わせ供養するチャンスもない。善くも悪くも定業です。幸福過ぎるなら良いじゃないのでは、ないのですよ。六道輪廻からのカルマから脱出出来ないのです。どちらにしても、ほとんど苦しい定業が人間や動物を惑業苦の三毒から離しません。煩悩を捨てれば、新しい悪因縁を造る事は、ないにしても(汗)それだけでは、解決出来ません。だから大慈悲の地蔵菩薩滅定業真言を唱えて、地蔵菩薩様にお願いしましょう。アン・ボラ・マリン・トニン・ソボホ。

『教科書で教えない大東亜戦争の真実』





アメリカの思惑に嵌ってしまった日本。

当時の日本人は心身ともに強靭だった。

戦後、日本はWGIPに洗脳され続けて来た。

目覚めよ、日本。

『また日蓮と法華経が魔と手下の悪人を煽動しております』<転載>YYou 1氏のブログより

<転載>YYou 1氏のブログより
今日もアパート敷地内に不審者が侵入しましたがムキー仲間が手を叩いて知らせてムキー車で逃亡しましたムキーその前から昨日リブログしたプンプン集団ストーカーの奴等が自宅前に住んでおりましてプンプン嫌がらせを繰り返しておりプンプン大家さんが抗議に行かれました口笛その後もゲリラ活動を場所を変えて繰り返して来ておりますムキーまあ日蓮と法華経の操る魔軍が別の地域で事件事故を起こしつつありますからえー加害者被害者になるように仕向けられないようにえー魔を砕く真言を唱えて護身されて下さい
えー南無呪魅経でも咄嗟なら効果あります。魔や霊で手強い人には、必ず人間を操り😡
仕掛けて来ますから😡卑怯ですよ👹人間には、人権がありますから😡人間を盾に悪事を働きます😡加害者だからといって、仕返しすると😡被害者を加害者にすり替えるのがプンプン日蓮と法華経と集団ストーカーの常套手段ですから😡気をつけて下さい😡

奴等の一番怖いところは、熱心に信仰していると😧良い因縁を減らすようにプンプンあの手この手で怨敵悪人を操り仕掛けて来ます😡

やればやった分だけ😡裏切られます😡また被害者を加害者にすり替えるのも特徴です😡昨日まで仲良しだった友達が突然変異して😓悪口を言い出したり。無視するようになったり😓或いは、学校職場内での苛めに遭うようになって来たら😓日蓮と法華経を疑いましょう😡しかも、日蓮と法華経にすがると敵側が必ず有利になりムキーイライラと不安から更にいろんな祈祷を
お願いしてもえー全く効果もないショボーン日蓮と法華経を信じた分だけ😡味方と財産と徳分が居なくなり。更に他の神仏に祈ろうともショボーン裏で日蓮と法華経が妨害して来ます😡そして、心身ともに弱らせて病気にもかからせてえー特に皮膚病鬱病が出ます。そこで更にストレスが溜まるようにして行きます。そんな状況の人に対して普通の寺社の方は、プラス思考じゃないからとか😒感謝が足りないからと😒責めるだけで終わりです😡また病気も治りづらくして行きます😡信仰遍歴と病気からいろんな治療遍歴させられてショボーンお金を沢山使わされても全く効果が出ないようにして😓更にストレスを沢山増やすのが、日蓮と法華経の手口です😡悪因縁と霊障を減らさず😡増やすのが、奴等の特徴です😡一方で信者を減らしたくないから一部の人間を依怙贔屓して悪事に協力したりもしてますムキーまた覚醒剤麻薬とかと同じように汚題目唱えていると😧救われてもいないのに気持ち良くなったり。何も怖くなくなりえー気が大きくなりニヒヒ図太くなり真顔好き勝手にやりはじめプンプン汚題目を唱えないと😓中毒症状が出てきてえーしかし、元々救われていなかったから最期はえー精神病か刑務所に入るような事件を起こすようになりえー人生が終わりです😡

2018年1月21日 (日)

『創価学会は崩壊寸前?池田大作ボロボロ!内部で熾烈な争い始まる?!』櫻井誠が解説

創価学会は崩壊寸前?池田大作ボロボロ!!!
宗教と政治は無理~~創価学会、内部告発!!池田大作の現状を激白!!なぜ創価学会は隠し続けるのか!何故隠す、都合が悪い??池田犬作党は政教分離違反ですね~~~そろそろ「創価学会の政治支配」を終わりにさせる時です!



創価学会・公明党を利用する政治家にも国会から去ってもらいましょう。





※マニュフェスト論争を行うマスコミも要注意です!



これからの選挙は



「これからどうします」より「今まで何をしてきたか?」で決断しなくては騙されます!



世間でも、10年酷いことをして来たら、「今度はこうします」と言っても通用させないのが賢明です。



「創価学会の政治支配」という一凶を除くことが先決ではないでしょうか。



そろそろ「創価学会の政治支配」を終わりにしましょう!
創価は宗教ではなく公明の組織票集めのための集団
日本の未来のためにもカルト宗教団体は滅んでください~~自民は層化に、民主は民団に頼って選挙している。いずれも朝鮮人が舵を握っているわけだ。゛(`ヘ´#)~~公明と創価が消え始めてるだって!?素晴らしいじゃないか。₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 踊らずにはいられない**橋下氏「公明党は約束違反だ。宗教の前に人の道がある!」**公明党は国土交通大臣これからもやりたいだろ。今さら野党側についたらダメージでかすぎだよ。公明党って在日韓国人のための党でしょ
ここは日本ですよ。
池田大作の国じゃございませんよ。
゛(`ヘ´#)公明党は日本国会の一政党であり続けるならば、創価学会との繫がりは、断絶されるべきであろう。宗教団体が国政に関与するなど容認できない。民主国家としての倫理の問題である。安倍政権の公明党依存はだらしなさ過ぎる。

«『韓国をハブって日米英仏加が「極秘協議」』

フォト
無料ブログはココログ