2018年6月24日 (日)

『蓮如上人ゆかりの伝承頭骨はシャチだった大阪・八尾の顕証寺』

蓮如上人ゆかりの伝承頭骨はシャチだった大阪・八尾の顕証寺

産経ニュース
2018.6.23 14:44

国内初のシャチの頭骨化石と判明した大蛇骨を調べる伊藤謙・大阪大特任講師(右)ら=大阪府八尾市の顕証寺

国内初のシャチの頭骨化石と判明した大蛇骨を調べる伊藤謙・大阪大特任講師(右)ら=大阪府八尾市の顕証寺

 大阪府八尾市の顕証(けんしょう)寺(浄土真宗本願寺派)に同寺の開祖・蓮如上人(1415~99年)が成仏させた大蛇の骨と伝わる巨大な頭骨がシャチであることが分かり、23日に東京で開催された生き物文化誌学会で、大阪大総合学術博物館の伊藤謙特任講師らの調査グループが発表した。シャチのほぼ完全な古い頭骨はあまり例がなく、化石であれば国内初の貴重な資料となるため、今後の調査に注目が集まりそうだ。(藤浦淳)

ご救済の大蛇骨

 この骨は「蓮如上人ご救済の大蛇骨」として、同寺に伝えられてきた。伝承では、石山本願寺(現大阪城)の開創(1496年)直後に現在の大阪市中央区の南御堂付近で発見。蓮如の夢に現れた女が大蛇「龍女(りゅうじょ)」に変えられて苦しんでいると訴えたことから、これを救済したあと海に死体があがった、とされている。

全長7メートル 

 骨は頭部から上あごにかけてで、最大長は約1メートル、幅は65センチと大きく、重さも約70キロ。全身は約7メートルになるとみられる。

 伊藤氏がこの骨の存在を知り、鳥取県立博物館の渡辺克典氏や益富地学会館(京都市)の石橋隆氏らと調査。上あごの歯列跡やサイズ、頭蓋の特徴などから、完新世(約1万年前~現在)のシャチと判断した。骨の表面の硬化状態から化石である可能性が高く、今後生息していた年代などを詳しく調べるという。

 顕証寺の近松真定(しんじょう)・第20代住職によると、頭骨は「お堀を掘っている折に見つかった」とも伝わる。実際に大蛇骨の発見場所とされる付近では、地下鉄工事などの際に完新世初期の地層から鯨類の化石が大量に発見されているといい、伊藤氏は「そのころの環境にシャチもいたと考えるのは十分可能。海の生き物の頂点にあるシャチの研究の一級の資料になる」と話す。

極めて貴重な資料

 一方で、頭骨にはのこぎりのような道具で切り取られた跡も見つかっている。発見後の数百年の間についたとみられるが、詳しい理由は分かっておらず、グループではこの点も今後調査したいとしている。

 近松住職は「龍女伝承も大切だが、こうしたしっかりした調査によって何であるかが明らかになることも大切で、ありがたいこと」と話し、ほとんど公開されてこなかった頭骨の一般公開も検討しているという。

 伊藤氏は「文化的価値と自然科学的価値を併せ持ち、極めて貴重。こうした資料は各地に眠っていると思われ、今後の同様の調査のきっかけとするためにも、頭骨をさらに詳細に調べたい」としている。

http://www.sankei.com/west/news/180623/wst1806230050-n1.html

2018年6月23日 (土)

『プーチン大統領「中国製品の輸入禁止」の裏にある意図』

プーチン大統領「中国製品の輸入禁止」の裏にある意図 

                      
プーチン大統領「中国製品の輸入禁止」の裏にある意図

(C)Alena Jiang / Shutterstock

中国からの車両を禁輸にしろ」


ロシアのウラジミール・プーチン大統領がこんな強権を発動した。中国で製造された列車車両部品が破断事故が多発しているためだ。



「引き金になったのは、昨年4月8日にモスクワ西部で起きた列車事故です。モスクワ発ベラルーシ西部のブレスト行きの長距離列車が、前方を走っていた近郊電車に追突し、列車の機関車以下車両4両が脱線しました。追突された電車の運転士が、線路を横切る人を確認し、非常ブレーキで停止、後続の列車の運転士もブレーキをかけたが効きが悪く、間に合わずに追突したというものです。ロシア鉄道の事故調査担当者は、『前方の電車のブレーキシステムが故障し、自動的に逆走したばかりか、追突列車のブレーキも欠陥品だったのが原因』と発表しました」(欧州在日本人ジャーナリスト)


プーチン大統領は「車両はいずれも中国の『南方匯通』の製造」と指摘し、今後、中国で製造された鉄道車両の輸入を禁止するよう求めた。加えて、中国の輸入攻勢からロシアの国内産業を保護するとも明言した。


中国製車両の事故率が高いのは事実だが、実は本音は別のところにあると指摘する向きもある。


?


中国の技術進歩がロシアの面子をつぶしている

「中国製品の欠点を喧伝することで、自国製品の売り込みを図ることにあるようです。つまり“ロシア・ファースト”のための発言というわけです。旧ソ連時代に自動車や航空機、軍需では戦車や戦闘機などあらゆる分野で技術を教えていた中国が、いまや逆に高速鉄道の技術を教える立場になったことが、ロシアの面子をいたく傷つけているのです。現在、旧ソ連邦内の中央アジアに中国が経済進出し、鉄道建設などを進めていることへの不快感もあります。日本の新幹線と世界で激しい受注競争を繰り広げている中国の高速鉄道が、現在ロシアでも高速鉄道建設プロジェクトに参画するという話が出ている折でもあり、プーチンも黙っていられなかったのでしょう」(同・ジャーナリスト)


中国メディア『今日頭条』はこう報じている。


《日本は、自国の高速鉄道の方が中国よりも数段優れていると思っているが、われわれはもはや鼻で笑うしかない。中国の高速鉄道は世界をリードする地位を獲得しているのだ》


どうやら最近日本で頻発する新幹線事故・事件をあげつらっているようだ。


?


【画像】


(C)Alena Jiang / Shutterstock 

関連記事(外部サイト)

『受刑者がネットストア立ち上げへ 全国初のeコマース職業訓練 法務省「再犯防止にもつながる」』

受刑者がネットストア立ち上げへ 全国初のeコマース職業訓練 法務省「再犯防止にもつながる」

2018.6.22 20:14
法務省を訪れ、上川法相(左)と懇談するヤフーの宮坂学社長=22日午後

法務省を訪れ、上川法相(左)と懇談するヤフーの宮坂学社長=22日午後

 民間が運営に関わる刑務所「美祢(みね)社会復帰促進センター」(山口県美祢市)で7月から、受刑者がインターネットに接続されたパソコンを使ってネットストアを立ち上げる職業訓練を実施する。外部接続されたパソコンを使っての職業訓練は全国初の試み。法務省は「社会で使えるスキルを身につけることができ、再犯防止にもつながる」と成果に期待を寄せている。

 美祢社会復帰促進センターは窃盗や薬物犯罪で有罪になり初めて刑務所に入る受刑者を収容。定員は男女計1300人で、現在は約600人が収容されている。

 ネットに接続されたパソコンを使っての訓練は、男性受刑者5人を対象に7月11日から約4カ月の予定で実施。具体的には美祢市の道の駅「おふく」のネットストアを通販サイト「ヤフーショッピング」内につくり、道の駅で扱っている商品を販売する。

 訓練にはヤフーと小学館集英社プロダクションが協力し、ネットストア作成方法などを教える。受刑者には「どうすれば顧客が満足して商品を買ってくれるのか」までを考えさせる。

 さらに、テレビ会議システムを使って、受刑者が道の駅側に売ってほしい商品を聞いたり、すでにネットストアを立ち上げている店に人気を集めるコツを聞いたりするという。

 この取り組みは対象受刑者を変えて継続していく方針。法務省は「ネットストアは1人でも起業できるので、社会復帰後に独り立ちする助けにもなる」としている。

http://www.sankei.com/affairs/news/180622/afr1806220033-n1.html

2018年6月22日 (金)

『カルト創価公明党』

 創価学会の第3代会長で現名誉会長の池田大作は1962年6月16日付の「聖教新聞」でこう言っている。

「邪宗などは、みんなうまいことをいって金を巻き上げて、教祖のために、それから教団の勢力のために、それも、本当に人々が救えるならば許せるけれども、ぜんぶが地獄に落ち、民衆は教祖にだまされて、そして、教祖はりっぱな家ばかりつくり、民衆は最後には、コジキみたいになってしまう。これが邪宗教団の姿です。(略)創価学会としては、永久に皆さん方から、ただの一銭も寄付を願ったり、供養願うようなことはいたしません」

 

インチキな教義を振りまき、インチキな勲章をもらい、挙げ句の果てにはお金もない信者から財務と言う名の「お布施」を強要するなど、これほど反社会的な行為もないでしょう。

こんな奴らは早くどっかに消えてほしいですね。
平成の世に、民意が政治に反映されなくなってきているのは、間違いなくこいつらのせいなんです。
昭和の頃はあれほど自民党の利権政治を批判しておきながら、平成に代わった途端に自民党に米搗きバッタ。
挙げ句の果てに大して経済効果も望めない地域振興券や定額給付金を飲ませ、その一部を自らの懐に還流させる狡猾さは、とても同じ人間のやることとは思えません。

人間の心のカケラもない奴らにキャスティングボードなど握られては堪りませんよ。

#ヤフー知恵袋

2018年6月21日 (木)

『親を切ると書いてなぜ「親切」』

『週刊新潮 2018年6月28日号』

週刊新潮 2018年6月28日号

この号の中吊り

最新号PICK UP

「阪神大震災」の教訓は生きたか
天災と人災に揺れた「大阪大地震」

不気味なまでに各地で頻発していた地震が、ついに都市を襲った。震度6の大地震が、人口880万人の大都市を――。かつて大震災を眼前にしたこの地は、その教訓を生かせたのか。大地の歪みは、更なる悲劇の前触れとなるのか。天災と人災に揺れた「大阪地震」の裏側。

「W杯」まさかの勝利でも
「長友」が今も許せない「本田」保身のハリル批判

前回大会の王者ドイツが敗戦スタート。優勝候補のブラジルは引き分けた。なるほど戦いは水物である。わが西野ジャパンも、強豪相手にまさかの勝利だ。ベスト16進出を夢見るファンもあろうが、勢いに乗るチームにはベテラン2人の拭いきれない確執があった。

食べてはいけない
「国産食品」実名リスト 第6弾

日常生活に潜むリスクは見えないからこそ怖い。それを「実名リスト」として可視化した本誌特集への反響は大きくなる一方である。第6弾となる今回は、万病の元、カップラーメンの「塩害」ランキングと、老化を招くリン酸塩入り「冷凍食品」のリスト――。

「蓮池薫さん」緊急インタビュー
「ヘギョンちゃんが言わされた『横田めぐみさん死亡』は嘘だ」

帰国から16年。いまは新潟産業大で准教授を務める蓮池薫さん(60)が、初めて横田めぐみさんの生死に言及した。自身の経験に照らし、希望を捨ててはならないと。それをふまえ、日本は「拉致」にどう処すべきなのか。米朝首脳会談を受けた緊急インタビュー。

『息吹き込むと音が出る土偶 中南米美術館に23点、岡山』

息吹き込むと音が出る土偶 中南米美術館に23点、岡山

2018.6.20 21:16
 エクアドルの「人物象形土偶」。背面(右)の後頭部に穴が開いている(BIZEN中南米美術館提供) 

エクアドルの「人物象形土偶」。背面(右)の後頭部に穴が開いている(BIZEN中南米美術館提供)

 古代のアメリカ大陸で暮らした人々も土偶に開いた穴で音を鳴らしたのだろうか-。中南米の土器や織物などを集めた美術館として知られる岡山県備前市の「BIZEN中南米美術館」の収蔵品に、穴から息を吹き込むと音が出る土偶があることが分かった。館長の森下矢須之さん(61)が思いつきで試したことが「発見」のきっかけに。古代人への想像は膨らむばかりだ。

 5月から同館で始まった日本とエクアドルの外交関係樹立100年を記念した特別展「古代アメリカ六千年文明展~EpisodeII~」に23点が出品されている。その多くがエクアドルで見つかり、土偶の底部や頭頂部など穴のある場所はさまざまだ。

 「ひょっとして鳴るかも」。特別展初日の1週間ほど前、森下さんはそう思い、エクアドルのラ・トリータ文化(紀元前600年~紀元400年)の「人物象形土偶」を手に取った。後頭部の穴から笛を吹くように息を入れてみると「ホー」と少しこもったような低い音から、「ピー」という高い音まで出た。複数の穴がある別の土偶では指の押さえ方で音が変わった。

 「どんな音が出るのか分からないのが楽しみ。これまでは音が鳴るという視点で土偶を見ていなかった」と森下さん。特別展出品の土偶70点を再鑑定すると、23点から音が出た。森下さんは「中南米を学ぶ機会は少ない。見て触って吹いて五感で知ってもらえたら」と話す。特別展は12月24日まで。開館は原則土日祝のみ。

http://www.sankei.com/west/news/180620/wst1806200098-n1.html

2018年6月20日 (水)

『米国内で批判噴出 「同盟国をコスト判断で見捨てるのか」「中国は歓喜している」』

米国内で批判噴出 「同盟国をコスト判断で見捨てるのか」「中国は歓喜している」

米韓演習中止
2018.6.19 21:53
トランプ米大統領(ロイター)

トランプ米大統領(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領が米韓合同の大規模軍事演習について「費用が莫大(ばくだい)で、北朝鮮に挑発的だ」として中止を決め、在韓米軍の撤収にまで言及していることに関し、米国内では民主的価値観を共有する同盟諸国をコスト判断で見捨てる行為だとして、保守系メディアや与党・共和党議員から続々と批判が出ている。このまま演習の中止が長期化すれば、朝鮮半島有事での米韓の即応態勢に重大な支障が生じかねない。

 「トランプ氏が朝鮮半島での挑発をなくしたいのなら、金正恩(朝鮮労働党委員長)に南北軍事境界線に配置された北朝鮮軍砲兵部隊を、ソウルが射程に入らない場所まで後退させるよう頼んではどうなのか」

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(18日付)は社説で、米韓演習の中止を一方的に表明したトランプ氏を痛烈に批判した。

 在韓米軍は北朝鮮の南侵を抑止するだけでなく、北朝鮮の後ろ盾である中国が韓国にまで政治的影響力を行使するのを防ぎ、日本や台湾など民主的価値観を共有する勢力の安全を保障するのに不可欠だ。在韓米軍の存在感の低下は、北朝鮮だけでなく中国にとっても長年の宿願だっただけに、「北朝鮮がやすやすと(譲歩を)引き出したことで、西太平洋での支配確立を戦略的目標とする中国は歓喜している」(ワシントン・エグザミナー紙社説)のは確実だ。

 トランプ氏が問題視する米韓演習の費用について、国防総省報道官は「計算中」として明確な数字を示していないが、一部試算では「1回につき数千万ドル(数十億円)程度」とされ、事実とすれば決して高額とはいえない。

 在韓米軍撤収を核放棄の取引材料に使おうとするトランプ氏に対しては米議会でも懸念が広がっている。

 共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長は声明でトランプ氏について「(米韓演習を『挑発的』とする)中朝の政治宣伝をオウム返しに述べて米国と同盟国の安全を損ねている」と非難。同委に所属するダン・サリバン上院議員(共和党)は「在韓米軍の縮小・撤収を北朝鮮非核化の交渉材料にしない」とする条項を国防権限法案に盛り込んだ。

http://www.sankei.com/world/news/180619/wor1806190044-n1.html

2018年6月19日 (火)

『次期総裁、小泉進次郎氏、安倍晋三首相、石破茂氏が横一線 自民党支持層では首相が独走』

次期総裁、小泉進次郎氏、安倍晋三首相、石破茂氏が横一線 自民党支持層では首相が独走

産経・FNN合同世論調査
2018.6.18 20:04
衆院本会議に臨む自民党の石破茂元幹事長(右)と小泉進次郎筆頭副幹事長=3月23日、国会(斎藤良雄撮影)

衆院本会議に臨む自民党の石破茂元幹事長(右)と小泉進次郎筆頭副幹事長=3月23日、国会(斎藤良雄撮影)

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が16、17両日に行った合同世論調査で、9月の自民党総裁選で選出される次期総裁にふさわしい人物を聞いたところ、小泉進次郎筆頭副幹事長が26・9%で前月比3・6ポイント増え、トップとなった。2位は連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の25・2%で、同2・8ポイント上昇した。前月トップだった石破茂元幹事長は、同0・9ポイント減の24・1%で3位に後退した。

 全体の調査では3氏がほぼ横一線だが、自民党支持層に限ってみると、安倍首相が49・4%と同4・6ポイント上昇し、小泉氏(21・4%、同3ポイント増)と石破氏(13・9%、同6・4ポイント減)に大差をつけた。

 首相が支持を伸ばしたのは、12日の米朝首脳会談を受け北朝鮮情勢が流動化する中、トランプ米大統領と緊密に連携する首相への期待が高まったとみられる。

 石破氏は、立憲民主党の支持層で38・3%(首相は1・6%)、日本維新の会でも34・6%(同23・1%)の支持を集めた。公明党支持層でも石破氏への支持は27・3%と、首相の24・2%を上回った。無党派層では小泉氏が31・9%、石破氏が28・3%と続き、首相は11・1%だった。

http://www.sankei.com/politics/news/180618/plt1806180032-n1.html

2018年6月18日 (月)

『新型ICBM、近く配備か=トランプ政権威嚇-中国 』

     
 

 
 
   

中国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風5B」=2015年9月、北京(AFP時事)© 時事通信社 中国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風5B」=2015年9月、北京(AFP時事)

 【北京時事】中国の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41」が近く実戦配備されるという見方が強まっている。東風41の最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届くと推定。移動式の多弾頭型で従来のICBMよりも迎撃が困難とされる。東風41配備に向けた動きは、米国との通商摩擦が激化する中、トランプ政権を軍事的に威嚇する思惑もありそうだ。

 米ニュースサイト「ワシントン・フリー・ビーコン」は今月5日、10回目の東風41の発射実験が5月27日に中国内陸部で行われたと報じた。これを受け、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「(10回目の実験ならば)実戦配備は近い」という軍事専門家の見解を伝えた。

 東風41は固体燃料を使い、最大で10発の弾頭を搭載可能と推定される。命中精度は従来型よりも大幅に向上し、中国の軍事専門家は「誤差100メートル」と分析。「中国軍の最も破壊力のある核ミサイル」(ワシントン・フリー・ビーコン)と評される。

 北米を射程に入れる中国軍のICBMとしては「東風5B」や「東風31A」などがある。しかし、東風5Bの燃料は液体で発射台が固定式のため事前に探知されやすい。東風31Aは移動式だが、搭載弾頭は3発程度にとどまるとみられている。

 東風41の発射実験には、米国に外交的な圧力をかける意図がうかがえる。10回目の実験が行われたとされる日は、ロス米商務長官が貿易協議のため北京入りする6日前だった。また、昨年11月にトランプ大統領が訪中した際も2日前に東風41の発射実験が行われた。

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E6%96%B0%E5%9E%8B%EF%BD%89%EF%BD%83%EF%BD%82%EF%BD%8D%E3%80%81%E8%BF%91%E3%81%8F%E9%85%8D%E5%82%99%E3%81%8B%EF%BC%9D%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%94%BF%E6%A8%A9%E5%A8%81%E5%9A%87%EF%BC%8D%E4%B8%AD%E5%9B%BD/ar-AAyKq2u?srcref=rss&utm_source=taboola&utm_medium=referral&OCID=SKPCONUA#page=2という。

 

«『不思議な球状岩石の謎解明 作ったのは海の生物 建設に応用も』

フォト
無料ブログはココログ